レシピ

ノンオイルでとりわけ離乳食にも。はんぺん入り肉団子 黒酢あん


このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。

肉団子をたくさん作って、大人は餡かけにして食べたい。余った分は冷凍して日々の離乳食にできたらいいと思っていましたが、揚げるのには抵抗がありました。そこでオーブンを使った揚げない肉団子を作ってみました。揚げない分、旨味が逃げてしまうかもしれないと思ったので、はんぺんをいれて魚介の旨味をプラス。ふんわりとした肉団子に仕上がりました。

まるめたらあとはオーブン任せ。楽ちんメニューです。

はんぺん入り肉団子 黒酢あん

所要時間 40分

材料(3人分・約20個)

肉団子

  • ひき肉 200g
  • はんぺん 1袋
  • ひじき ひとつかみ(5gくらい)
  • しいたけ 小4個
  • 片栗粉 小2

黒酢あん

  • ◎黒酢 大2
  • ◎醤油 大1.5
  • ◎みりん 大1
  • ◎酒 大1
  • ★片栗粉 大1/2
  • ★水 大1.5(片栗粉の3倍)

作り方

  1. ひじきを水で戻し、みじん切りにします。
  2. はんぺんは袋ごと揉み、細かくしておきます。
  3. しいたけはみじん切りにします。
  4. ひき肉・はんぺん・ひじき・しいたけをボウルに入れてよく混ぜます。ピンポン玉くらいの大きさに成型します。
  5. オーブンの天板にクッキングシートを敷き、その上に成型した肉団子を並べます。
  6. 片栗粉を茶こしでふるいかけます。肉団子の裏側までまんべんなくいきわたるようにします。
  7. 200度のオーブンで20分焼きます。
  8. 焼いている間に黒酢あんを作ります。◎をすべてフライパンに入れて煮立て、火をとめてから合わせておいた★(水溶き片栗粉)を入れます。よく混ぜておきます。
  9. 肉団子が焼きあがったら、黒酢あんのフライパンを再びあたため、火を通しながら肉団子とからめます。程よくとろみがついたら出来上がりです。
ごぼうのピーナッツ和えと合わせました。

ポイント

離乳食用は焼きあがったら冷凍

特に肉団子に味付けをしていないので、離乳食にも使えます。1歳くらいから、様子を見てあげてくださいね。
冷凍していつでも使えるようにするととても楽です。
ひき肉は結構油があるので、油不使用のこの調理法は体にいいと思います。
1歳5カ月の息子は一口で食べようとしていました。

はんぺんは粉々に

袋の上からモミモミ…というより、日々のストレス発散をするかのように力を込めてはんぺんを粉砕してください。粉々にしたほうが肉と混ざりやすいです。
私は力を込めすぎて袋が破れました。
はんぺんの形なんてわからないくらい揉みこんでください。

片栗粉はお好みで

勝手に竜田揚げ風を意識したので、茶こしで片栗粉をふるってみました。
それっぽくはなりましたが、そこまで竜田揚げ風にもならなかったので、面倒な方はとばしてください。
あんと絡みやすくなるような気はします。
だいたい20個くらいできます。
おしろい
江戸時代のおしろいには鉛が含まれていたらしいです。危険!
(マンガJIN情報)

焼きあがったらすぐにあんと和えて

オーブンで焼くので、肉汁が結構出てきます。焼きあがってから放置してしまうと、肉汁が固まって片栗粉と融合し、見た目がかなり悪くなります。
出てしまった肉汁をあんに入れるかはお好みで。
やきあがり。ちょっとドロリ

お好みで野菜をプラス

写真ではゆでブロッコリーと蒸しかぼちゃを追加しました。
にんじん・パプリカ・玉ねぎなども合いそうですね。
今回はノンオイルを意識しているので、ゆでor蒸し野菜をプラスするといいと思います。

皿道楽

アラビア avec24h 20cmプレート ブルー

このお皿も頻出ですね。銘々皿としてとてもいい大きさです。
ワンプレートとして使うには少し小さいので、おかずが少なくても見栄えがします。
和食器にも合うので重宝しています。食洗機もOK!

おにぎり皿として有名なので、おにぎりワンプレートを作ってみたい。

おすすめの料理本

世の中に料理本は数あれど、本格的な味付けを学べる本は限られています。

この本はとても勉強になるのでおすすめです!言われたとおりに作れば本格的なイタリア料理を家庭で楽しむことができます。

家で作るパスタが美味しくなかったことありませんか?この本で美味しく作るコツを学べますよ!