レシピ

調味料は1つだけ!焼き方を工夫したら簡単にごちそうチキンができました


このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。

こんにちは。
クリスマスにお正月…イベントが続く季節ですね。
今回はたった一つの調味料で美味しくできる、ごちそうチキンを紹介します。

このレシピはレシピブログ&ハウス食品のモニター企画「スパイスでお料理上手 年末年始を華やかに楽しもう♪手軽にできる、ごちそうレシピ」のモニター商品を使ったレシピです。

うまめし100回記念★人気レシピランキングもあります! このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。 旧サイトで100回を記念した記事です。紹介しているレシピはどれも自...
ごちそうチキン

ごちそうチキン

所要時間:20分

材料(2人分)

  • 鶏もも肉 1枚
  • ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス> ※ 適量
  • 油 適量

※モニター商品です。

お好みで、じゃがいも、さつまいも、きのこなどを付け合わせにして下さい。

作り方

  1. 鶏もも肉の余分な脂や筋を取り除きます。厚みがあるところは均等になるように包丁を入れて開きます。
  2. 鶏もも肉の両面に「ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>」を振りかけます。片面4~5振りずつくらいで十分味と香りが楽しめます。
  3. フライパン(写真ではグリルパンを使用)に油をひき、よく温めてから鶏もも肉を皮目を下にして置きます。アルミホイルを鶏もも肉の上に置き、フライパンより小さい鍋を上から乗せ、重石にします。
  4. 途中で様子を見つつ、皮がパリパリになったら重石を外し、裏返して弱火にし、中まで火を通します。ふたはしないでください。皮の上からつまようじを刺し、透明な汁しか出てこなくなったら中まで火が通っています。
  5. 火をとめて少し置き、包丁で食べやすい大きさに切って頂きます。
ごちそうチキン

ポイント

下味

通常は塩・こしょうで下味をつけますが、今回はハーブがミックスされている塩を使ったので、故障は使用しませんでした。
そのぶん、ハーブの香りを十分に楽しめます。

下味

片面4・5振りくらいで味がしっかりつきます。
焼きあがってから足すこともできるので、下味の段階では振りかけすぎないようにしてくださいね。

焼き方:どすん、ぎゅー!

焼き方がとても大事です。
皮目をしっかり焼き付けるために、重石をのせて焼きます。

焼き方
どすん、ぎゅー!

写真では水を入れた片手鍋を重石にしています。
もちろん、ルクルーゼやストウブなどの重量級の鍋でも構いません!
ただし、結構油がはねるので汚れる可能性があるので注意してくださいね。

過去の記事もぜひご覧ください!

どすん!ぎゅーで皮パリパリ!鶏もも肉の皮パリ焼き 柚子胡椒風味 このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。 焼き鳥のように、鶏もも肉を焼いて塩と柚子胡椒で食べたい。そうは...

今回はグリルパンで。

フライパンで作れば、皮目がしっかりパリパリになったチキンになります。
皮から落ちた油でさらに皮が焼かれる(揚げられる?)ようです。

今回はグリルパンを使用しているので、しましま模様になっています。
グリルパンの場合は、落ちた油は溝に流れていくので、フライパンで作るときのように揚げられるような感じにはならず、さっぱりとした仕上がりになります。
あくまで体感ですが、参考まで。

モニター

レシピブログ&ハウス食品のモニター企画に当選しました。

モニター企画に当選し、「ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>」を頂きました。
年末年始の料理レシピ
年末年始の料理レシピ  スパイスレシピ検索

ごちそうレシピと言えば、迫力のある肉料理かなと思い、今回のレシピにしました。

「ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>」の良いところ

ハーブがとても良く香ってきて、上品な味わいになります。
今回はあえてこちら以外の調味料を使用しませんでしたが、全く不足なし!この商品だけで味が完結します。
簡単にごちそうを作ることができます!
オレガノの香りが好きなので、個人的にもとても好みでした。

うまめし100回記念★人気レシピランキングもあります! このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。 旧サイトで100回を記念した記事です。紹介しているレシピはどれも自...
おすすめの料理本

世の中に料理本は数あれど、本格的な味付けを学べる本は限られています。

この本はとても勉強になるのでおすすめです!言われたとおりに作れば本格的なイタリア料理を家庭で楽しむことができます。

家で作るパスタが美味しくなかったことありませんか?この本で美味しく作るコツを学べますよ!