レシピ

おつまみにも、つけあわせにも。ローズマリーポテト


このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。

ベランダのローズマリーが育っています。
今回はシンプルに相性のいいじゃがいもと合わせました。摘みたてのローズマリーの香りはとてもいいです。おつまみにも、つけあわせにもどうぞ。

ローズマリーポテト

所要時間 20分

材料(4人分)

  • じゃがいも 大2個
  • ローズマリー 1本(お好みで)
  • 塩こしょう 適量
  • にんにく(すりおろし) 適量
  • オリーブオイル 適量

作り方

  1. じゃがいもは皮をむかずに使うのでよく洗い、芽があれば取り除きます。食べやすい大きさに切り(*1)、水にさらしておきます。
  2. じゃがいもを固めにゆでます。
  3. ローズマリーは葉を茎から取って刻みます。茎も取っておきます。
  4. フライパンにオリーブオイルをひき、中火にしてにんにく、ローズマリー(葉と茎の両方)を入れて香りを油に移します(*2)。
  5. じゃがいもをフライパンに入れて焼き、火が通ったら塩こしょうで味を調えて完成です。お好みの焼き加減でどうぞ。ローズマリーの茎は食べません。

ポイント

*1 じゃがいもの切り方

ポテト型に切っても良し、輪切りにしても良しです。
ケンタッキーのようなポテト型が好みです。

結構分厚くなってしまいました。
でも、美味しいです!

一度ゆでることで、生焼けを防ぎます。焼くだけで済ませようとするとおそらくローズマリーが焦げてしまいます…。
ゆでた後焼くので、固めにゆでておいてください。

*2 油に香りを移す

フライパンを斜めにしてにんにくとローズマリーの香りを油に移していきます。

こんな感じです。いいにおいがしてきますよ!

今回はローズマリーの葉を刻んで一緒に食べてしまいます。茎も香りづけのために一緒に炒めることにしましたが、効果はあるのか不明です。茎は食べないでください。

ローズマリーを粗刻み。
とても強い香りです。まな板や手がいい香りになります。

我が家のローズマリー。天にむかってのびています。
後ろでバジルがもさもさ生えています。

塩加減の調整

おつまみ用にするには塩を多めに、付け合わせとするなら控えめにかけてください。
塩を少なめにして、ローズマリーの香りを楽しむ食べ方がおすすめです!

ビールに合います!
香りを楽しんでくださいね。

皿道楽

Scope 六寸皿 印判鳥獣五画 cuckoo(かっこう)

これはイッタラのタイカというロシアっぽい柄をデザインしているデザイナーのクラウスさんがデザインしたお皿です。  磁器の和食器です。
素敵ですが六寸サイズにしてはちょっとお高い。

おすすめの料理本

世の中に料理本は数あれど、本格的な味付けを学べる本は限られています。

この本はとても勉強になるのでおすすめです!言われたとおりに作れば本格的なイタリア料理を家庭で楽しむことができます。

家で作るパスタが美味しくなかったことありませんか?この本で美味しく作るコツを学べますよ!