レシピ

ふわモチ食感!豆腐入りキムチチヂミ(とりわけ可)


このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。

頂き物のとっても美味しいキムチを使ってチヂミを作りました。チヂミとお好み焼きの違いがいまいちよくわからないのですが、タレをつけて食べるのがチヂミなんだと勝手に解釈しています。

あまっていた豆腐を入れてみたらふわふわモチモチ!キムチを生地に入れることで旨味をプラスしています。途中でとりわけて離乳食にできます。

豆腐入りキムチチヂミ

所要時間 30分

材料 4人分

  • 小麦粉 200g
  • 片栗粉 大6
  • 水 300ml
  • 卵 2個
  • 豆腐 1/2丁
  • にんじん 1本
  • 玉ねぎ 中1個
  • にら 1束
  • 豚肉(お好みの部位) 150g
  • キムチ 50g~お好みで
  • ごま油 適量
  • ◎醤油 大1
  • ◎酢 大1.5
  • ◎豆板醤 小1~お好みで
  • ◎ゴマ 大1

作り方

  1. にんじん・玉ねぎは細切りに、にらは4cmくらいずつに切ります。
  2. 豆腐をボウルに入れ、おたまなどでよくつぶしておきます。水切りは不要です。
  3. 小麦粉・片栗粉・水・卵をボウルに入れてよく混ぜ、1の野菜を入れてよく混ぜます。*1
  4. 豚肉を食べやすい大きさに切り、ボウルに加えてよく混ぜます。*2
  5. キムチを食べやすい大きさに切り、ボウルに加えてよく混ぜます。具だくさんでかなり生地の量が多いので、3~4回に分けて焼くようになります。
  6. フライパンに多めのごま油をひき(1回につき大1くらい)、生地を入れて広げます。両面焼き色をつけます。
  7. 仕上げに小1くらいのごま油を横から回し入れ、カリッとさせます。
  8. ◎を混ぜてタレを作り、チヂミにつけて頂きます。
切る前

ポイント

*1 とりわけのタイミング

離乳食として取り分ける場合は、成長に合わせて肉を入れる前、もしくはキムチを入れる前にとりわけ、別々に焼きます。
タレは付けずにそのままで食べます。我が家ではニラ入りでも食べてくれましたが、お子さんによっては苦手かもしれないので、ニラを細かく刻んでおくといいかもしれないです。
野菜たっぷり!

*2 肉を入れて混ぜるか?

生肉をボウルに入れて混ぜるのに抵抗がある方は、フライパンに油をひき、肉を並べてから生地を焼いてもいいです。
きちんと火を通すので、ボウルに入れて混ぜても大丈夫だと思います。

焼く前に混ぜる

片栗粉が分離しやすいので、焼く前によく混ぜるようにしてください。忘れると最後の一枚に片栗粉が偏り、もっちもちになってしまいます。

タレ

韓国では少し甘めのコチュジャンを味付けに使うと思いますが、なかったので豆板醤で代用しました。甘くないタレに仕上がっています。
ネギをいれたりしても美味しいと思います。今回は簡単に作れるシンプルなタレにしました。

キムチの量

タレをつけて食べるので、たくさん入れすぎないようにしました。キムチの量を増やして、タレなしで食べても美味しいと思います。

今日のひとこと

カメラを新調

先日片づけていたら外貨を発見!と書きました。そのお金を使ってカメラを新調しました!
これからは今までよりも綺麗な写真で「うまめし」をお送りしたいと思います。
テーブルフォトの技術とセンスを磨かなければと思い、図書館でたくさん本を借りてきました。勉強します!

皿道楽

アラビア パラティッシ イエロー 26cmプレート

よく使っているお皿です。華やかになります。
食洗機OK(ちょっと大きいですが)なのもいいところです。

スープボウルもとても素敵ですが、両面柄になるのでお高いです。

おすすめの料理本

世の中に料理本は数あれど、本格的な味付けを学べる本は限られています。

この本はとても勉強になるのでおすすめです!言われたとおりに作れば本格的なイタリア料理を家庭で楽しむことができます。

家で作るパスタが美味しくなかったことありませんか?この本で美味しく作るコツを学べますよ!