レシピ

さっぱり小鉢。春菊ときのこの柚子胡椒和え


このページは、旧サイト【うまめし】から移行しています。

春菊は独特の味が風味豊かでとても美味しいですね。春菊は鍋によく合いますが、今回は副菜の一品としてさっぱりとした和え物にしてみました。

このレシピは、レシピブログ&ハウス食品モニター企画「新食感の”食べる薬味”で♪香り立つ春のおもてなし」のモニター商品を使ったおもてなしレシピです。

 

春菊ときのこの柚子胡椒和え

材料(2人分)

  • 春菊  1/2わ
  • きのこ  こぶし大くらい
  • ◎ハウス 本きざみ粗切り柚子こしょう※  小1~
  • ◎醤油 小1/2
  • ◎酢 小1/2
※モニター商品です。

作り方

  1. 春菊は洗って湯がき、水にとります。水気を切って食べやすい大きさに切ります。
  2. きのこは食べやすい大きさに切り、さっと茹でます。レンジで火を通してもいいです。
  3. 1と2を◎を合わせて、冷蔵庫でよく冷やします。

ポイント

春菊のゆで加減&あくにご注意

春菊をゆですぎると水っぽい仕上がりになってしまいます。茎が太いときは、茎と葉を分けて時間差でゆでるといいと思います。火加減や鍋にもよりますが、トータル2分もしないうちにゆであがります。
ざるで熱湯を切って水切りしていたのですが、この方法だとあくが残ってしまうそうです。鍋から春菊だけを取り出して冷水をいれたボウルに入れるのが良いようです。

モニター

レシピブログ&ハウス食品のモニター企画に当選しました

モニター企画に当選し、ハウス「本きざみ粗切りシリーズ」を頂きました。

 

おもてなしの料理レシピ
おもてなしの料理レシピ  スパイスレシピ検索

本きざみ 粗切り柚子こしょうの美味しいところ

前回もこの商品を使ったので、かぶらないような内容を…
本当はこのレシピには柚子こしょうとポン酢を使おうと思っていました。しかし、この柚子こしょうの香りが素晴らしく、「ポン酢のポンはいらない!」と思い、醤油と酢に変更しました。それくらい香り高い調味料です。

おもてなしシーン

「春のおもてなしレシピ」というのがモニター企画のテーマです。この料理のおもてなしシーンを考えてみました。

たくさんの小皿料理のひとつとして

和食の副菜メニューなので、当然ながらパーティーっぽくはないですね。
和食といえば、たくさんの種類の料理をそれぞれ小皿にのせて「魅せる」おもてなしができると思います。
この小鉢もそんな小皿料理の一つとして、和食のおもてなしとして使われては如何でしょうか?

今回はニトリのしずく型お皿にちょこんと。
丸い小皿にも合いそう。藍色のね。
おすすめの料理本

世の中に料理本は数あれど、本格的な味付けを学べる本は限られています。

この本はとても勉強になるのでおすすめです!言われたとおりに作れば本格的なイタリア料理を家庭で楽しむことができます。

家で作るパスタが美味しくなかったことありませんか?この本で美味しく作るコツを学べますよ!