おでかけ

六花の森@帯広・中札内村 / 六花亭の運営する美しい森。10月でも見られるお花はあります!

rokkanomori-eye

この記事では、六花の森について紹介します。

こんにちは。ひまわり(@WPHimawari)です。
六花亭が運営する「六花の森」をご存知ですか?
六花亭の包装紙に描かれている花を中心とした美しい森です。

こちらの施設、オープン期間が4月下旬から10月中旬となっています。
せっかく見に行くなら花が咲いている時期がいいですよね。
我が家は10月頭のシーズン終盤に行ってきました。
まだ見られるお花があるか不安でしたが、咲いているお花があったので紹介します。

六花の森はお花以外にも美術館や六花亭のカフェがあり、家族みんなで楽しめました!
行こうか迷っている方はぜひ続きをご覧になってくださいね。

rokkafe-eye
ロッカフェ(六’cafe)@帯広・中札内村 / 六花亭の出来立てマルセイバターサンドが食べられるカフェロッカフェ(六’cafe)とは ロッカフェ(六’cafe)とは、帯広の老舗お菓子メーカー六花亭が経営するカフェです。 六...

六花の森への営業情報・行き方

まず最初に営業時間などの情報を記載しておきます。
六花の森は1年の半分は休館しています。お花のないシーズンは休みです。

rokka-entranceこのエントランスで入場券を買います
六花の森の営業情報
  • 営業期間:4月下旬~10月中旬
  • 営業時間:10時~17時(時期によって変動あり)
  • 入館料:大人800円・小中学生500円

次のシーズンのオープン時期の詳細はまだ発表されていません。
最新の情報は公式サイトで確認してくださいね。

2018年の4月頭にも帯広へ旅行したのですが、その際はまだ閉館していました。今回は念願かなっての訪問です。

六花の森までは、JR帯広駅から車で40分ほどかかります。
車でないと行けない場所に位置しています。旅行計画の際はご注意ください。

rokka-info結構広いです

六花の森で10月でも楽しめる草花

六花の森の草花について

rokkateipaperこの柄にピンときたら六花亭

六花の森の草花は、六花亭の包装紙に描かれている十勝六花(エゾリンドウ、ハマナシ、オオバナノエンレイソウ、カタクリ、エゾリュウキンカ、シラネアオイ)が中心です。

季節によってみられる花が少し変わってきます。

エゾリンドウ

ezorindoエゾリンドウ

10月のメインはこちら、エゾリンドウです。

rindo見ごろでした!

美しい青い花が印象的。
リンドウ自体は花屋さんでよく売っていますが、自生しているところをあまり見かけないので、たくさん生えていて珍しいです。

ハマナシ

hamanashiハマナシのお花と実

ハマナシのお花自体はもう少し前がピークだったようですが、10月の訪問時にはハマナシの実がなっていました。

ハマナシなのかハマナスなのか論争がありますが、六花亭の包装紙の絵を描いた坂本直行氏いわく「実の形を見れば茄子ではなく梨であることは一目瞭然」とのことです。勉強になりました。

六花の森で10月でも楽しめるスポット

古民家を移設した美術館など

六花の森の中にはクロアチアの古民家を移設した美術館が点在しています。

六花亭の包装紙を描いた坂本直行氏の記念館をはじめ、池田均氏、小川游氏、百瀬智宏氏の作品が見られます。

sakamotoこんな感じの古民家が点在しています

なお、坂本直行記念館にはきれいなオムツ替えスペース付きトイレがあるので赤ちゃん連れにも安心です。

sairoサイロだらけ

面白かったのが「サイロ50周年記念館」
サイロという子供向け冊子の表紙が壁一面に敷き詰められています。

花柄包装紙館

housoushi壁一面の六花亭

こちらは六花亭の包装紙が壁紙になっています。

六花亭好きには垂涎モノですね。

インスタ映えゾーン

rokka-frameこのフレームに自分を映すのだ!

額縁が置かれていて、ここで撮影した写真がインスタにたくさんupされています。
額縁の奥に見える彫刻も見どころです。

rokka-koyo少し紅葉も見られます

六花の森のカフェ【ロッカフェ (六’cafe) 】

六花亭が運営する【ロッカフェ (六’cafe) 】

rokkafeモダンな建物

六花の森には六花亭が運営するカフェがあります。
カフェのみの利用は、六花の森の入場券がなくても可能です。

このカフェはとても素敵だったので別記事でしっかり紹介したいと思います!

rokkafe-eye
ロッカフェ(六’cafe)@帯広・中札内村 / 六花亭の出来立てマルセイバターサンドが食べられるカフェロッカフェ(六’cafe)とは ロッカフェ(六’cafe)とは、帯広の老舗お菓子メーカー六花亭が経営するカフェです。 六...

ロッカフェを食べログでチェック

出来立てのマルセイバターサンドが食べられる

六花の森の隣にはマルセイバターサンドの工場があるため、こちらのカフェで出来立てのマルセイバターサンドを食べることができます。

maruseiマルセイバターサンド模様の工場の扉

限定商品ポテトチップスは売り切れ

六花の森のみで販売されているポテトチップスがあるそうですが、夏の時点で売り切れてしまったとのことでした。
六花亭と言えば甘いお菓子の印象なので、どんなポテトチップスなのか食べてみたいですね。

お土産は多数用意されているので、こちらでゆっくり選ぶといいでしょう。
空港で慌てて探すよりもたくさんの種類がありますよ。

六花の森のまとめ

10月でも十分楽しめます!

シーズン終わりの訪問でしたが、エゾリンドウなどが美しく咲いており、まだ楽しむことができました。

美術館やカフェが併設されていてゆっくり過ごすことができます。

六花亭のお菓子が美味しいので、カフェに行けば子供も喜びますよ!

ひまわり
ひまわり
北海道の自然と美味しいお菓子が楽しめるいいスポットです!

詳しい営業情報

六花の森の営業情報
  • 営業期間:4月下旬~10月下旬
  • 営業時間:10時~17時(時期によって変動あり)
  • 定休日:期間中無休
  • 料金:大人800円、小・中学生500円
  • 駐車場:乗用車80台、バス5台
  • 住所:中札内村常盤西3線249-6
  • 電話番号:0155-63-1000


近隣にはジンギスカンの名店「じんぎすかんの白樺」もあります!
車で10分くらいの距離なので、六花の森を散策し、お腹がすいたらジンギスカンを食べに行くプランはいかがでしょうか?

じんぎすかんの白樺@帯広 / 1日3時間のみ営業。コスパ抜群のジンギスカン超人気店この記事では帯広のジンギスカン超有名店「じんぎすかんの白樺」について紹介します。 こんにちは。ひまわり(@WPHimawari)です。...
rokkafe-eye
ロッカフェ(六’cafe)@帯広・中札内村 / 六花亭の出来立てマルセイバターサンドが食べられるカフェロッカフェ(六’cafe)とは ロッカフェ(六’cafe)とは、帯広の老舗お菓子メーカー六花亭が経営するカフェです。 六...
0歳4歳と北海道旅行に行ってきました。星野リゾートトマム・千歳・帯広【2018秋】こんにちは。ひまわり(@WPHimawari)です。 10月3日から3泊4日の北海道旅行に行ってきました! 今回は0歳児(4か月)連...
いま旅行に行くなら北海道がおすすめ!

いま北海道旅行にいくなら【ふっこう割】が使えます!

地震による観光客離れを解消するために国が行っている政策です。ふっこう割により通常よりも割引価格でツアー商品が販売されています。

ぜひチェックしてみてください!
北海道旅行 おすすめツアー